技術開発の成果を展開し、新産業の創出に役立てます

技術開発の成果を展開し、新産業の創出に役立てます

概要

原子力機構が抱える技術課題、または、県内企業などから受けた技術相談について、その課題解決に結びつける事を目的に予め実用化への成立性を見極める事業です。各課題については、原子力機構より製品の試作や調査の発注を行ない、成果品(試作品や調査報告書)を年度末に納品していただきます。また、報告会にて報告後、その成果により次年度以降、成果展開事業や共同研究を行ない、さらなる発展を目指します。

技術解決課題促進事業とは

事業の進め方

内容

ふげん関連テーマ

  • ○全面マスク用追加遮光パーツの試作
  • ○遮へい等機能を考慮した可搬型測定追加パーツの試作
  • ○熱的切断時における配管把持切断ヘッド駆動治具の試作

レーザー関連テーマ

  • ○レーザーを用いた配管肉盛補修用の金属紛体供給機構の試作
  • ○配管へのFBGセンサ取付方法および取付板の検討・試作
  • ○FBGセンサ検証のための小型熱交換ループの試作
  • ○レーザー溶断時スパッタ回収装置の検討・試作

※平成29年度 技術課題解決促進事業の募集は締切りました

ダウンロード

技術課題解決促進事業 応募案内

  • adobereaderのダウンロードはこちら
  • 展示会ポスター、及びパンフレットはPDFファイルになります。
    ご覧いただくにはAcrobat Readerが必要になります。

関連項目